格安スマホ

格安SIMを本人名義のクレジットカードなしで持つ4つの方法

投稿日:2017年11月17日 更新日:

通信費を大幅に節約できる格安SIMや格安スマホですが、クレジットカード、それも本人名義のクレジットカードのみで月々の料金を支払うしかありません。このことで格安SIMに踏み切れない方も結構いらっしゃいます。

※銀行口座振替で料金を支払える格安SIM・格安スマホもあります。後で紹介します。

本人名義のクレジットカードなんてない!家族名義ではダメなの?

このような方でも格安SIMを持てる方法をまとめましたので、参考にしてください。

なぜ本人名義でないとダメなの?

ほとんどの格安SIMの料金支払いが本人名義のクレジットカードに限られている理由は、与信情報が確実だからです。

格安SIMが「格安」であるためには、提供会社にとっては経費をできるだけ節約する必要があります。支払い情報は最も重要で、その確認には力を入れるべきところですが、独自で確認するには膨大な手間がかかります。

料金をクレジットカードでの支払いのみに定めると、情報をカード会社に照会してOKか確認するだけでいいことになり、事務が大幅に削減できるうえに支払いも確実になります。照会はオンラインで可能なので、契約をネットでスピーディーに完結させることもできます。もちろん未払いでカード停止になる場合もありますが、そのときもカード会社が担保してくれます。

※本人名義以外のクレジットカードでの支払いを認めてしまうと、そこから不正が起きて料金未収が発生するリスクが生まれてしまいます。(家族名義のクレジットカードOKのところもあります。後述)

クレジットカードの審査は厳格です。簡単には作らせてくれません。照会や利用の手数料を支払ってでも、その与信情報を利用する方が格安SIM会社にとっては得策なのです。

スポンサーリンク

「クレジットカード(本人名義)限定」で困る人

・専業主婦
・未成年
・学生
・クレジットカードを作られない人
・そもそもクレジットカードを持っていない人

など。専業主婦、未成年、学生こそ格安SIMにして料金を節約したいのに、困りますよね。これまで使っていた携帯電話やスマートフォンが大手キャリアで世帯主名義の支払いだった人も、格安SIMには乗り換えられないことになります。

スポンサーリンク

「クレジットカード(本人名義)限定」の解決策

SIM名義をカード名義と同じにする(変更する)

これがいちばん明快な方法です。例えば奥さんや子供さんが使用する格安SIMであっても、料金を支払う夫のクレジットカードの名義で契約すると何の問題もありません。

ただ、支払額や請求明細は名義人のところにいきます。知られたくないときはこの方法は使えません。また、料金の一部または全額を格安SIM使用者が負担する場合は、精算を都度しなければなりません。

MNPを使って電話番号を引き継ぐときは、移行前のキャリアで名義変更を行ってその名前でMNP予約番号を取得しておかないと、格安SIMで番号を引き継げません。

クレジットカードの家族カードを発行してもらう

クレジットカード会社の中には、「家族カード」のサービスを実施しているところがあります。これは、カードの契約者(支払者)の家族に限り家族名でのカードを発行することで、利用料金はカード契約者に請求されます。

家族カードの名義は使用者の名義になるので、このクレジットカードで格安SIMを契約することができます。

未成年に家族カードを発行できるかどうかは、カード会社によって異なります。例えば三井住友VISAカードなら満18歳以上という条件になっています(但し高校生は不可)。カードの種類によっては1人目は年会費無料になります。

家族名義のクレジットカードで支払える格安SIMにする(UQ mobile)

UQ mobileは本人名義以外の家族名義のクレジットカードでも契約することができます。ただ、UQ mobile取扱店の店頭でのみ申し込めて、家族であることの証明書(住民票など)が必要になります。

銀行口座振替で支払える格安SIMにする

SIM名義は本人にしたい、家族カードも持てない、あるいは家族もクレジットカードを持っていない・・・そんな人が格安SIM・格安スマホを持つにはどうすればいいのでしょうか。

クレジットカード決済が基本の格安SIM・格安スマホですが、口座振替による引き落としでの支払いもできるところがあります。

注意:ネット専業銀行(ジャパンネット銀行、セブン銀行、楽天銀行など)での口座振替には対応していないところもあります。

・UQ mobile
 家族名義の口座からの引き落としも可能です。ただ、UQ mobile取扱店の店頭でのみ申し込めて、家族であることの証明書(住民票など)が必要になります。

・OCNモバイルONE
 但し、オンラインではなく電話で申し込む必要があります。

・楽天モバイル
 手数料100円(税別)も毎月併せて引き落とされます。
 金融機関によっては、オンラインですぐ口座振替申し込み完了できるときがあります。

・BIGLOBE SIM
 口座振替はデータSIMのみ可能です。

・トーンモバイル
 格安SIM+本体の一体型ですが、トーンモバイルも口座振替に対応しています。取り扱っているTSUTAYAの店頭での申し込みに限られます。
 店の場所や詳細はトーンモバイルの公式サイトで確認してください。

スポンサーリンク

まとめ

格安SIM・格安スマホの支払いは原則、本人名義のクレジットカードに限られています。与信情報の確認が容易なためです。SIMの名義を変更する、家族カードで契約する、口座振替OKのSIMやスマートフォンにするなどの対策をすれば、クレジットカードなしでも格安SIM・格安スマホを持つことは可能です。

-格安スマホ

Copyright© トーンモバイルの口コミ・評判からわかった賢い乗り換え方 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss